御殿場に適した注文住宅建築|玉穂木材工業

 HOME会社概要エアサイクルの家玉穂の建築防音工事施工事例館現場写真館不動産情報製材業山林業お問い合わせ
最近の現場

メインメニュー

エアサイクルの秘密

 湿気の多い北駿地域の悩みを解消する健康住宅、マイホームの健康と省エネを兼ね備えた長寿命の家、それが「エアサイクルの家」です。

 まずは「エアサイクルの家」の秘密(PDFファイル:1.9M)をご覧下さい。


住まいを考える


住まいの歳時記 7〜8月編 Part2


2009年7月27日(月曜日)

緑で省エネ
 ある公共施設で、アスファルトで舗装された部分で計測した温度が50℃のとき、芝生の庭では37℃という実験結果があります。これは植物ならではの蒸散作用によって温度が下がるからだそうです。森の中に入るとひんやり感じるのも木々の蒸散作用によるものです。
 屋上緑化や壁面緑化は、断熱材代わりになって建物の省エネ効果を高めることが知られています。庭に木を植えたり、パーゴラにつる植物を絡ませたりすることも、遮熱の効果があります。夏を快適に過ごすために、わが家の緑化を考えてみてはいかがでしょう。



住まいの歳時記 7〜8月編 Part1


2009年7月22日(水曜日)
カテゴリー: - tamaho @ 11時22分26秒

歩道の照り返しに、ご用心
 炎天下の歩道をベビーカーに赤ちゃんを乗せ、さらに幼児をつれて歩くお買い物途中の若いお母さんを見かけることがあります。
 お母さんは気づいているのでしょうか。炎天下のアスファルトの照り返し熱のこと。お母さんが自分の顔面で感じている熱が仮に30℃とすると、背の低い乳幼児が感じている熱は35℃から40℃にもなります。このことを忘れて、長時間歩行すると、脱水症状を引き起こし、日射病や熱中症になってしまいます。
 日差しのある時間は、乳幼児を連れて歩くのは止めましょう。そうせざるを得ないときは、必ず日陰を選んで歩くようにしましょう。


16 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

記事カテゴリー

玉穂記事履歴

Copyright 玉穂木材工業株式会社 / 静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131 / FAX 0550-82-5432