御殿場に適した注文住宅建築|玉穂木材工業

 HOME会社概要エアサイクルの家玉穂の建築防音工事施工事例館現場写真館不動産情報製材業山林業お問い合わせ
最近の現場

メインメニュー

エアサイクルの秘密

 湿気の多い北駿地域の悩みを解消する健康住宅、マイホームの健康と省エネを兼ね備えた長寿命の家、それが「エアサイクルの家」です。

 まずは「エアサイクルの家」の秘密(PDFファイル:1.9M)をご覧下さい。


住まいを考える

エアサイクルの家 / お客様の声


●エアサイクルの家を実感されているお客様からの声です。

■お客様の声

●御殿場市西田中 K様
 6月末の梅雨のさなかに岩波からこの西田中に越してきた。この夏は、暑さ知らずの本当に快適な毎日を送った。エアーサイクルだから涼しいのか、岩波と御殿場では比べ様もないが、時々遊びに来る妹夫婦が「この家は涼しい」としきりに言う。ある晩など真夏だというのに寒いと言い出し、エアーサイクルの家は暖かいという事なのに、今から寒くては冬になったらどうなるんだろう?と思ってしまい、後で気がつき一人で笑ってしまった。仕事を持っている関係で洗濯物はいつも部屋へ干すのだけど、9月の長雨にもじめじめもせず、除湿機も使わずほこりをかぶっている。岩波では雨が降りさえすればかけっぱなしだったが…。夏にはこの家は涼しいとか寒いとか言っていた妹が今は「この家は暖かい」と来る度に言う。私も仕事から帰って来るともう真っ暗なのだが、玄関の戸を開けるとフワーっと暖かさが伝わり嬉しくなってしまう。家にいる時は夏着ていた服と同じものに毛糸のベストを一枚はおっているだけ。布団は夏と同じままでいる。やがてやって来る真冬が楽しみな今日この頃である。

●御殿場市川島田 H様
 富士山のふもとの御殿場では、富士おろしの風が冷たく、寒さも厳しいためエアーサイクルの家を建てました。家のレイアウトや間取りは分からないながらも、エアーサイクルの特性を伺い自分で考えました。湿気の多い御殿場地方の気候でも、一年中家の中がカビることなくカラッとしています。夏の間もとても涼しく快適に過ごしています。冬の特に寒い頃でも、日中は二階で子供達が遊んでいても汗ばむ程の暖かさで、暖房に使用する灯油も従来の半分以下で済んでいます。エアーサイクルを紹介していただいき良かったと感謝しています。

●家を新築するにあたって 御殿場市二枚橋 W様
 いろいろ経験された人に話しを聞いてきたが、異口同音に言われることは、梅雨時の湿気対策、冬の防寒対策の苦労話しであった。私も御殿場で生まれ育った者であるが、前述した問題には慣れているはずであるが、その時期になると悩まされていた。そんな時に工事を依頼した玉穂木材工業(株)で、当地ではまだ実績はないが北海道ではいい結果が出ているエアーサイクル住宅を是非取り入れてみてはとのことで、色々と資料を見せてもらったり、説明を聞かせてもらいました。家を作る時点ではイニシャルコストがかかるが、これから何十年もの間暖房にたいするランニングコストが軽減されるのであればよいと思い、半信半疑でエアーサイクル住宅を取り入れることで工事をお願いすることにしました。今年11月で1年を経過しましたが、入居を始めたのが寒くなる時期でした。外出から帰って、今までであればすぐにストーブに火をつけに行くものですが、そんなこともなかった。そんな状況ですので、昨年の冬はダイニングルームにファンヒータ1台、居間に6畳用石油ストーブ1台とコタツで過ごすことが出来、水道の凍結もなかった。また、この梅雨期は昼間家に人が誰もいないので締め切った状態になっているので、カビの発生がないかと心配であった。特に新しい畳はカビが発生しやすいので心配であったが、そんなことは無用であった。そして夏はやはり昼間は締め切った状態ですので、夕方帰ってきて家が沸いていて暑いのではないかと思っていたが、エアーサイクルシステムの効果で床、壁等熱気を帯びたこともなかったので、夜寝苦しいとか、暑苦しいということはなかった。これは1年間エアーサイクル住宅に住んでみた実感です。私は今まで太陽熱を利用した住宅用のものでは温水器ぐらいと思っていたが、省エネ時代にここまで技術が進んでいるとはおもいませんでした。もし、私がまた家を建てるとしたならば、またこのエアーサイクル住宅を取り入れたものにします。そしてこれから家を建てる人がいたならば、是非これを勧めたいし私の家を見てもらいたい。

●御殿場市ぐみ沢 S様
 私は平成13年12月に入居してから2ヶ月の経過であります。まだまだ四季の状況は分からないが、エアーサイクルシステム住宅について職場の同僚から聞いたところ素晴らしい家であり、素晴らしい環境を作ってくれる建物であることを聞きました。私も御殿場で生まれ育ったものであり、御殿場の四季はよく知っていることから、時期によっては悩まされたことは沢山あり、梅雨期の湿気、寒い時期の暖房などの燃料費であり、このようなことが解消できる建物を望んでいました。御殿場地方に合った自然の素晴らしいエネルギーを体感できる建物はと考え相談し説明を受けたのが玉穂木材工業(株)であります。当会社は地元であり、御殿場の気象状況は十分に知っていることからエアーサイクルシステム住宅について説明を受け、取り入れたのがこの建物であります。また望んでいた建物でもあります。取り入れた建物は、日常過ごすところは朝日、西日の入る明るい部屋を希望し、考え絵(設計)を書いたものです。家の特徴は、平屋で天井が高く、部屋の暖房、暖かさを逃がさぬように玄関に四枚戸で間仕切りを作り風除室としたものです。また、リビングには6畳間の和室を設けたことが特徴です。リビングダイニングキッチン、和室を合わせ仕切のない23畳ぐらいの部屋には、ストーブは1台の暖房器具だけである。温度は22〜23度にセット、この温度に長時間保たれ、部屋に置いてある花は生き生きとして満開になるほどの暖かさである。また、朝の温度は平均12〜13度ぐらいであり、毎日快適に過ごしております。暖房に使用する灯油も従来の半分以下になるのではないかと推測する。まだまだ2ヶ月の経過での喜びは少ないが、エアーサイクルシステム住宅を取り入れたことには満足しています。もし、家を建てる人がいたならばこのエアーサイクルシステム住宅を推薦します。また、省エネ対策と毎日の生活環境を考えてくれる玉穂木材工業(株)をご紹介します。

●エアーサイクルの家を建てての住みここち 御殿場市萩原 T様
   私は昭和63年3月末日で退職しました。そこで一番先にしたいことは新しい家を建てることでした。家を建てる敷地は今住んでいる土地で、国道沿いで衛生的環境や文化的環境がよく安全性のよい土地で、この面は申し分ない。そこでどんな住宅を建てるかが問題で、まず家族の個々が満足できる生活が送れ、家庭生活が快適に営め、要は家族に適合した優良な住宅にはどんな条件が考えられるのか、その第一は安全である。第二は能率よく生活できる。第三は衛生的でしかも快適な生活が営める。第四は美しさをそなえている。第五は耐久性があるといったことが考えられた。このような理想を実現できる住宅とは、各住宅専門会社が競合して見せてくれるモデルハウスがあることを知り、SBSのモデルハウスを始めとして各会社のモデルハウスの展示会へ出席させていただき見学をしました。私がここで思ったことは、御殿場地方は高地である。そのため特殊な気候条件がある。みくりや気候といって高地であり寒冷地であり、富士おろしの風、駿河湾からの上昇気流による雨や湿気、雨量は日本の中でも多い方で、湿度による弊害、これらの条件に対する対策を考えた合理的な住宅はというと、見学したモデルハウスの中では少なかった。モデルハウスの多くは間取りを主体的に考え、私生活や共同生活との関係、収納や通路のための空間、温度調節、空気の換気、湿度の制御、採光等考えられているがどれも人工的設備で高価で経費がかかり、自然の摂理を合理的に工夫し経費のかからない設備が欠けていた。その点が一番良く考えられた合理的な住宅がエアーサイクルの住宅であった。エアーサイクルの設備は(1)家の中の空気が自然に循環され、空気の温度を上げ湿度を下げるという働きがあり、室内の温度が外気の温度より4℃〜6℃高く空気がカラッとしている。(2)冬と夏とで装置の切り換えにより室内の温度を調節できる。(3)これらの設備は設置すれば経費がかからないという利点があった。このエアーサイクルの住宅に生活して10数年たちました。その間に快適に生活してきた利点をあげれば次の様である。

(1)家の中の室温と外の気温の差が4℃〜6℃ありました。そのため燃料費が安上がりでであった。また、我が家へ来る客が玄関を入ると冬は「この家暖かい」、夏は「この家涼しい」とよく言われます。
(2) 家に中の湿度が外の湿度と違い常に乾燥していることです。外がじめじめしているときでも、玄関に入るとカラッとした気分になります。来客によく言われることに「この家乾燥していて気持ちよいね」と言われます。
(3)玄関が二重ドアーになっているので、来客には気温、湿度のことがよく感じられるようです。

 以上のように快適な生活を送るには自然の摂理を合理的に利用した設備がなにより大切であることがわかりました。私達が老後の生活を快適に送りたいという願いは皆同じだと思います。またそのためにかかる経費がかからないことも大きな利点だと思います。

 

エアサイクルの家は「自然」と「健康」がテーマ

 エアサイクル住宅は、家中の壁の間や床下そして天井裏までが全部つながった空間になっています。家中を空気が循環するので、結露は抑えられ、全ての部屋の温度が均等になります。また、木材は乾燥してとても長持ちします。しかもその空気の動きは換気扇等の機器を使用しない、暖かい空気が上へ上昇するという自然の原理を応用しただけのエコロジーなものなのです。

■健康住宅(問題点と対策・木について)■

▲このページのトップへ

プリンタ出力用画面

前のページ
エアサイクルで得する
コンテンツのトップ 次のページ
寺社仏閣建築
Copyright 玉穂木材工業株式会社 / 静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131 / FAX 0550-82-5432